不倫による家族被害を占いで解決しよう

不倫、それは許されざる恋愛であり、家族がいるのに好きになってしまった、久しぶりの恋愛感情で燃え上がってしまい発展することが多いようです。単なる火遊び程度で終われば良いのですが、当人同士が真剣に結婚を考えて今ある家庭を抜け出したり離婚を迫ることになると、残された家族は被害者であり大きな問題を抱えることになります。
不倫問題で占いを頼る人は増えていますが、最近は当事者だけでなく離婚を迫られている夫や家族からの相談も増えています。どういった例があるのか具体的にみてみましょう。

一つ目は妻がパート先で知り合った人と関係を持ち、離婚を申し込まれていると夫が相談にやってきました。占いとしては妻の生年月日と相手の男性の生年月日も知りたいのですが、旦那さんが知るわけはありません。そこでなぜ妻が夫ではなく他の男性に愛情を求めているのか、今後夫婦の修復は可能なのかを重点に占っていきました。旦那さんと妻の相性はあまり良くなく、旦那さんが相手の気持ちを考えず自分の行動を押し付けて生活してきた過去が見える、妻の現在の心情をタロットカードで読み取ると耐えるという意味が出て来たため、結婚生活は辛かったのではないかという助言をしました。離婚をしたくないのなら、まず自分の行動を反省して謝罪することが大事とも話しました。その後旦那さんは謝罪し離婚は回避しましたが、奥さんと男性との関係はまだ続いているようです。

二つ目は自分の母親が不倫をして家を出ていってしまった、恨む気持ちばかりで今後母とどう対峙していけば良いか分からないといった切実な相談です。相談に来た女性はまだ高校生だったので占い師の方も同情し、丁寧な占いと説明を心掛けたようです。お母さんの生年月日を元にどんな性格なのかを割り出し、タロットカードにより現在の状況を占ってみました。すると過去に暴力を振られた経験があり常に家庭から逃げたかった、現在の子供に対する気持ちはただ愛情と謝罪しかない鑑定結果が出ました。父親はお酒を飲むと暴力をふるい、母親は辛かったのだろうと彼女は多少落ち着きを取り戻したそうです。未来を鑑定すると、まずあなたに2年後素敵な男性が現れる、それをきっかけに母親との和解が見えると助言しました。
実際その二年後に彼女に良い人は現れなかったのですが、母親が不倫相手と二年後に決別し娘さんと和解して一緒に暮らしているそうです。

全てが当たるとは言えないかもしれませんが、占いにより自分の心情を吐き出し、今後の未来についてある程度の予測が聞けることはありがたい助言と言えます。不倫当事者はもちろん、家族にとっても占いは強い味方といえそうですね。