不倫占いで家族を守るか愛人を取るか

不倫という行為は法律的にも倫理的にも決してやってはならない行為であり、それ故にやってしまってからでは合理的な弁明など望むこともできません。友人など身近な人間に打ち明けるにしても、周囲に不倫を言いふらされて否応なしに家族と愛人の両方から見放されてしまう危険性が良く認められます。それ故にどうすればよいかということに関して占いを利用して決断することは決して悪くありません。

まずその道の専門家は依頼人の秘密厳守を徹底するものであり、言い換えると裏切りのリスクに怯えずに済むということです。それに加えて「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というのが占いのお約束であり、つまりただ単に行うだけでその目的を果たすことができたと言っても差し支えがありません。占いというとWeb上でも無料にて供給されますが、専門家が直接応対する場合は依頼者個人レベルの事情や境遇に合わせた相談を行ってくれます。電話相談の形式を利用すれば通話時間や契約内容次第で相談料を手軽な範囲内に抑えることが十分に可能であるので、お金の心配をせずに専門家を頼ることができるでしょう。
その道の専門家に依頼した結果として家族か愛人の内一方を犠牲にしなければならない場合があり、よほど納得できる説明が無ければそうした犠牲を払うことはできません。愛人と家族の両方を大切にする場合という道もあるものの、こうした都合の結果はよほどの理由がない限り実現しません。しかし専門家は依頼人の代わりに下した決断を依頼人本人に納得させることが滅法得意であります。決断を代行するその傍らで、専門家は理由説明や説得などの合理的な手段も欠かさず行使するものです。豊富な人生経験を持っている専門家ほどそうした傾向が強く見られます。

占いというものは依頼者本人の代わりに決断を下す役割を果たすものの、時には依頼者本人が勇気を培うきっかけともなります。特に専門家との信頼関係が芽生えることで、依頼者がその専門家の誠意に報いる形で自力救済に励む場合も少なくありません。前述の通り不倫は不法行為であり背徳行為でもあるため、責任は行った本人が取るべきなのであります。
事情や経緯はどうあれ、究極的に不倫問題を解決するのは占い師ではなく不倫を行った本人であります。家族と愛人両方の仲を保つことも、その内の片方を犠牲にすることも、両方から見放されることも、全ては本人の努力次第であると言えるでしょう。