月別アーカイブ: 2014年12月

上司と不倫しているかどうか占いで確認する

かつては、不倫と言えば、夫が行うものと決まっていました。なぜなら、夫は外で働き、妻は家で過ごすのが一般的だったからです。夫は、職場の後輩や深夜営業のホステスなどと出会う機会がありましたし、妻は家にいるために目が届かなかったからです。
けれど、現在は女性の社会進出に伴い、妻の不倫が増えています。その相手として、最も多いのは上司です。その理由は、夫よりも上司の方が魅力的な男性に見えることが多いからです。結婚して年月が経つと、夫婦の間の緊張感は薄れますので恋人時代のような甘いムードはなくなります。そのために、些細なことから喧嘩をしたり愛情を感じなくなる場合もあります。そのような状態の時に、上司がリーダーシップを発揮すると、たちまち恋愛の対象に変わります。外で働いている分妻も経済力を持っていますし、仕事を理由にして家を空けることもできますから、不倫を行うチャンスはとても多くなり実際に増えています。

もしも配偶者が上司と不倫をしているような気配が感じられた場合、占い師に相談するケースが見受けられます。なぜならば、家庭の恥ですから親しい友達や同僚には打ち明けにくいという心理的な葛藤があるためです。けれど、一人きりで思い悩むのは苦しいことですし、誰かに話を聞いてもらいたいという願望もありますので、その適役として占い師に頼る人が多いのです。
尚、占い師はたくさん存在していますから、まずはインターネットを活用して各ホームページを閲覧することをおすすめします。占いの手法が明記されていますので、最もふさわしいと思われるところを選択することが大切です。さらに、最近は電話による相談占いに関心が集まっています。誰にも知られずに、自室に一人きりでいる時間帯を見計らって相談できますので、悩んでいることをすべて吐き出すことができます。また、一人でいますから秘密が外に漏れたり誰かに聞かれる心配がありません。このような理由から、電話による相談件数は増えていますが、実際に連絡を入れる前にしっかり確認すべきことがあります。

まず、電話を受け付けている時間帯は必ず確かめましょう。場合によっては、申し込みが殺到して問い合わせが困難なケースも見受けられます。メールフォームがあるならば気軽に活用して、確実な時間帯に相談できるように依頼することをおすすめします。また、料金表を確かめて予算内で収まるようにすることも大切です。

不倫が家族にバレないように占い師に相談

不倫は誰かにバレないように慎重に動かなければいけませんから、家族にバレてしまったら大変です。家庭の崩壊、人生の破滅にも繋がりかねない事態ですから、とにかくそのような事態は避けなければいけません。しかし、二人だけの関係とはいえ、相談したいことはたくさん出てきます。下手に相手に相談できないのは分かっていますので、相談相手として占い師を頼るとよいです。
占い師というと占星術やタロットで二人の相性などを占ってくれるイメージがありますが、相談をしたり、愚痴を聞いて貰ったりするときにも頼りになる相手です。最近は電話などでの相談も受け付けているところがあるので、相談したいときにいつでもアドバイスを貰うことができます。様々な占いのサービスがありますので、不倫の悩みに強いところを探して利用してみるとよいです。サービスによって、所属している占い師にも違いがありますし、得意としているお悩みの種類にも違いがありますので、自分に合っているところを探して利用してみるとよいです。

内緒で相談することができますので、自分一人で抱え込んでどうしてよいのか分からないときにも便利に利用することができます。家族に知られたくないことも、冷静な第三者になら素直に話すことができます。守秘義務のしっかりしているところを選んで相談すれば、安心して色々な悩みを聞いて貰うことができます。不倫が家族にバレないようにするためにアドバイスを貰うのもよいですし、将来をどのようにすれば最良なのかを占って貰うこともできます。占って欲しいことがたくさん出てきますので、そちらも活用しながら利用するとよいです。

占って貰って辛い関係を終わらせたほうがよいのか、それとも未来に繋げることができるチャンスがあるのか、相談してみるとよいです。例え自分が独身でも、相手に配偶者がいれば明るい未来が待っているとは限りません。不倫が家族にバレれば、強固に別れを薦められることも考えられます。どうするのか一番自分にとってよいのか悩むところですが、気持ちの問題は頭だけで冷静に割り切って考えられる話ではありません。配偶者や家族に知られるところになれば、どのような金銭的なリスクや精神的なリスクがあるか分かりませんから、追い詰められたからといって、下手に動かないことが大切です。冷静なアドバイスをくれる占い師を見つけて、不倫のことを相談しながら未来を占ってもらいましょう。

不倫による家族被害を占いで解決しよう

不倫、それは許されざる恋愛であり、家族がいるのに好きになってしまった、久しぶりの恋愛感情で燃え上がってしまい発展することが多いようです。単なる火遊び程度で終われば良いのですが、当人同士が真剣に結婚を考えて今ある家庭を抜け出したり離婚を迫ることになると、残された家族は被害者であり大きな問題を抱えることになります。
不倫問題で占いを頼る人は増えていますが、最近は当事者だけでなく離婚を迫られている夫や家族からの相談も増えています。どういった例があるのか具体的にみてみましょう。

一つ目は妻がパート先で知り合った人と関係を持ち、離婚を申し込まれていると夫が相談にやってきました。占いとしては妻の生年月日と相手の男性の生年月日も知りたいのですが、旦那さんが知るわけはありません。そこでなぜ妻が夫ではなく他の男性に愛情を求めているのか、今後夫婦の修復は可能なのかを重点に占っていきました。旦那さんと妻の相性はあまり良くなく、旦那さんが相手の気持ちを考えず自分の行動を押し付けて生活してきた過去が見える、妻の現在の心情をタロットカードで読み取ると耐えるという意味が出て来たため、結婚生活は辛かったのではないかという助言をしました。離婚をしたくないのなら、まず自分の行動を反省して謝罪することが大事とも話しました。その後旦那さんは謝罪し離婚は回避しましたが、奥さんと男性との関係はまだ続いているようです。

二つ目は自分の母親が不倫をして家を出ていってしまった、恨む気持ちばかりで今後母とどう対峙していけば良いか分からないといった切実な相談です。相談に来た女性はまだ高校生だったので占い師の方も同情し、丁寧な占いと説明を心掛けたようです。お母さんの生年月日を元にどんな性格なのかを割り出し、タロットカードにより現在の状況を占ってみました。すると過去に暴力を振られた経験があり常に家庭から逃げたかった、現在の子供に対する気持ちはただ愛情と謝罪しかない鑑定結果が出ました。父親はお酒を飲むと暴力をふるい、母親は辛かったのだろうと彼女は多少落ち着きを取り戻したそうです。未来を鑑定すると、まずあなたに2年後素敵な男性が現れる、それをきっかけに母親との和解が見えると助言しました。
実際その二年後に彼女に良い人は現れなかったのですが、母親が不倫相手と二年後に決別し娘さんと和解して一緒に暮らしているそうです。

全てが当たるとは言えないかもしれませんが、占いにより自分の心情を吐き出し、今後の未来についてある程度の予測が聞けることはありがたい助言と言えます。不倫当事者はもちろん、家族にとっても占いは強い味方といえそうですね。

不倫と占いの意外な共通点と家族

「不倫」に対する世間の風当たりはむしろ強くなっているのか、はたまた昔と変わらないか、最近か、昔からかワイドショーを賑わす話題にこと欠かせません。インターネットが完全と言っても過言でないほど普及した今、多数のSNS、ブログなどを介して手軽に出会える時代です。またはSNSなどを通じて誰とどこで会っているなどの情報も外部から漏れやすく、いわゆる「密会」も容易ではない時代になったという方が正解でしょうか。どちらが正しいかと言えばどちらも当てはまるでしょう。占いも今も昔も一定の人には信じられています。 占いと不倫をあえてむすびつけるとすれば「ハマる」人がいるということでしょう。「ハマる」人は昔も今も一定数いると思われますが決して「のめり込み」すぎないことも大事だと一応つけたしておきます。不倫に求めるものは大多数は「刺激」を求めてのものだと推測します。
ほとんどの人の生活において物事の繰り返しは多いです。そういう日々になにかしらの「刺激」を得たい人も多いでしょう。大抵は新しい物事にチャレンジをしてマンネリの日々を抜け出そうと試みます。その人々の数パーセントか、それ以下の人が「不倫」をしたりもするのでしょう。もしかするとその日々のマンネリ自体を占い師に相談しにいく人もいるかもしれません。

のめり込む一部の人がいるのは「承認欲求」がもしかすると関係しているかもしれません。異性としての自分を改めて認識したい、つまり認めてもらいたいという気持ちが根底に流れていることが理由としてあげられると思われます。
占いに関しても相談しにいくことで自分が根底に思っている気持ちを理解してもらいたいという気持ちが人の背景にあると思えます。誤解を恐れずに言えば、 大抵の人々は日々になにかしらの不満をもっています。それをいちいち口に出せる人はある意味私個人ではすごいと思えますが、それをあえて口に出さない、あるいは口に出せない人はかなり多いのではないでしょうか。そういう小さな秘密、小さな不満を健康的に吐き出すには家族とは別の話し相手、または打ち込めるなにかが時には必要だったりするのでしょう。
そういう時に、「魔がさす」の「魔」が少なからずうまれてしまうのかもしれません。

大人になってしまうと家族間でも「甘え」が通用しない場合も多くなります。家族などの親しい間柄にはない「なんでも言いやすい空気」があるのかもしれません。占いもなかなか言いにくい小さな不満を相談にいって、当たる当たらない別として、「話しを聞いてもらう」ことこそが昔も今も一定数「ハマる」人がいる要素なのかもしれません。

不倫占いで家族を守るか愛人を取るか

不倫という行為は法律的にも倫理的にも決してやってはならない行為であり、それ故にやってしまってからでは合理的な弁明など望むこともできません。友人など身近な人間に打ち明けるにしても、周囲に不倫を言いふらされて否応なしに家族と愛人の両方から見放されてしまう危険性が良く認められます。それ故にどうすればよいかということに関して占いを利用して決断することは決して悪くありません。

まずその道の専門家は依頼人の秘密厳守を徹底するものであり、言い換えると裏切りのリスクに怯えずに済むということです。それに加えて「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というのが占いのお約束であり、つまりただ単に行うだけでその目的を果たすことができたと言っても差し支えがありません。占いというとWeb上でも無料にて供給されますが、専門家が直接応対する場合は依頼者個人レベルの事情や境遇に合わせた相談を行ってくれます。電話相談の形式を利用すれば通話時間や契約内容次第で相談料を手軽な範囲内に抑えることが十分に可能であるので、お金の心配をせずに専門家を頼ることができるでしょう。
その道の専門家に依頼した結果として家族か愛人の内一方を犠牲にしなければならない場合があり、よほど納得できる説明が無ければそうした犠牲を払うことはできません。愛人と家族の両方を大切にする場合という道もあるものの、こうした都合の結果はよほどの理由がない限り実現しません。しかし専門家は依頼人の代わりに下した決断を依頼人本人に納得させることが滅法得意であります。決断を代行するその傍らで、専門家は理由説明や説得などの合理的な手段も欠かさず行使するものです。豊富な人生経験を持っている専門家ほどそうした傾向が強く見られます。

占いというものは依頼者本人の代わりに決断を下す役割を果たすものの、時には依頼者本人が勇気を培うきっかけともなります。特に専門家との信頼関係が芽生えることで、依頼者がその専門家の誠意に報いる形で自力救済に励む場合も少なくありません。前述の通り不倫は不法行為であり背徳行為でもあるため、責任は行った本人が取るべきなのであります。
事情や経緯はどうあれ、究極的に不倫問題を解決するのは占い師ではなく不倫を行った本人であります。家族と愛人両方の仲を保つことも、その内の片方を犠牲にすることも、両方から見放されることも、全ては本人の努力次第であると言えるでしょう。